《 ズバット引越し比較 》 引越し見積もりサイトの決定版!

2018年03月31日

強制アップロードへの対処

Windowsでも行われるアップロード。以前は更新時期や、そもそも更新をするしないの選択をユーザーが出来ましたが、最近の主流は強制化

「安全・セキュリティー」とうたえば何でも許されるという風潮が気に入りません。

 

コレに対して、韓国での訴訟が画期的かも。

 

韓国のiPhoneユーザー約6.4万人が原告となりアップルを訴えているもので、OSの更新によりパフォーマンスが低下することを知りながら、ユーザーに配布したとして総額127億5340万ウォンの賠償を求めているものです。

 

ポイントは、このOS更新が「旧型機種のパフォーマンス低下により買い替えを促す目的などであり、これを隠して更新させた」とするところ。

 

企業として、最低限必要として提案するセキュリティーアップデートとアップルウォッチへの対応など 推奨レベルのアップデートを切り分けずに強制的に更新を促す姿勢には私も関心しませんので、企業体質改善につながってくれればと思います。

 

ポチっと応援してね
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
posted by あきら at 11:57 | Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。